ホットヨガの独特な特徴

スタジオ環境

ヨガ

ホットヨガと他のヨガの大きな違いはスタジオ環境でしょう。ホットヨガのスタジオは室温40度、湿度40%以上になっています。
そのため初めてホットヨガを体験する方はスタジオに入っただけで大量の汗をかいてしまうでしょう。
暖かい環境で行うことによって、筋肉をほぐし、身体の柔軟性を高める事ができるためポーズも取りやすいです。
それだけでなく身体の中から温めることが可能なため、新陣代謝の働きを促してくれるのです。
身体を動かすだけでなく、同時に身体を芯から温めることによって、より効率的にヨガの効果を最大限まで引き出す、それがホットヨガなのです。

ホットヨガのポーズ

ヨガには数千種類ものポーズが存在しますが、ホットヨガでは26種類のポーズを行います。それぞれ立った状態で行うものと寝たポーズで行い、一つ一つのポーズを2セットずつ行うのです。
呼吸法も2種類存在し、それぞれポーズの効果を最大限に引き出すことが可能です。
ポーズについて初めて行う時は分からない事が多いでしょうが、スタジオによっては先生と生徒が輪になりホットヨガの勉強会を行うこともありますため、次第にポーズを取ることができるようになります。身体が硬くて上手くポーズを取ることが出来ないという方でも、ホットヨガは他のヨガよりも身体が柔らかくなりやすいヨガのため、早くポーズを取ることができるようになります。
なぜ身体が硬い人でもポーズを取りやすいのか、それはホットヨガのスタジオの温度と湿度が関係してきます。
ホットヨガのスタジオは湿度も温度も高めの状態にあります。そのために身体の血行の循環がよくなり、筋肉も良い感じにほぐれ、関節の可動部分がいつもよりよく動くようになるからです。お風呂あがりにストレッチをした方が身体が柔らかくなり効果が出やすいというものと近いものがあるのです。